<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
マルコレ審査員だったのだ
大盛況だったZ鯖マルセイユ祭り初日、おれも現地にいました。
開会時間の直前には、マルセイユにいるキャラクターが330人を越え、おれのパソコンでは広場にいってもキャラクターがあまり表示されないような状態でした。

街を出てすぐの海上でやっていた歓迎アーチ、これは実にナイスアイディアでした。模擬の状態で両艦隊が列を組んでアーチをつくり、来場者はその間を通ります。そして艦隊はそれぞれ互いに向けて打ち合うというもので、これを礼砲に見立ててるわけです。事故?wで沈んでる船もありましたが、これはご愛嬌でしょう。とても良い趣向で、素直に脱帽。

広場にいる人数があまりに多く、オープニングセレモニーの楽器リレーがちょっともたついてしまったけど、これは嬉しい悲鳴ということで。なにしろ合図も見えないしログの流れも速いし。でも一度は綺麗につながった気がするよ(右側)。

バザーの数も多く、くじ引きや決闘勝負なんかもやってて大賑わいの広場でしたが、おれは実はほとんど広場には顔を出しませんでした。実はマルセイユコレクション(ファッションコンテスト)の審査員を仰せつかっていたのです(´∀`*) フレや商会の方々は、多分うすうす分かってたんじゃないかと思うけどw B鯖のファッションコンテストで2位という経歴を買われたようです。審査員は初めてなので、かなり楽しみでした。

審査は、5人の審査員が「バランス」「表現力」「美しさ」「おもしろさ」「技のキレ」のどれかを担当します。担当については非公開となっています。アピールタイムは5分。各審査員が5点満点・整数のみ(4.5とかは無し)で得点をつけ、時間オーバーは減点対象、という方式です。

せっかくの機会なので、各出場者への個人的なコメントを。但し、自分の担当観点やそれぞれへの得点は伏せさせていただきます。なお、行数の多さと得点とは関係ありません。

レラ・ロクサールさん
ステージ(マルセイユ銀行横階段の中段)の特性を生かしたアジテーション的なアピール。それ自体は思いつく人も少なくないと思うけど、台詞は飛び道具的でも内容は正統派なもので、いくつかの服をしっかりと特徴づけて披露していました。「コレクション」らしい見せ方は、さすが常連さん。

Doloresさん
全出場者の中で、最もおれの芸風wに近いアピールでした。マッチョ女性のエモの動作をしっかり理解してアピールしていました。見た目のインパクトに隠れがちですが、しっかり練り込まれていたと思います。服装はペチコのみでしたが、シンプルでスピード感・破壊力のあるパフォーマンスでした。
訂正:服装はペチコのみではなく、ベリーダンサーからペチコに着替えていました。お詫びして訂正いたします。

チーム裸族(5名)
5名という人数を生かし、決闘を活用したパフォーマンスでした。全体の演技に、きっちり練習した様子が伺えます。随所で着替えなどもありましたが、服に関する口頭での説明はせず、それより見て感じろ!というスタンスだったように思います。ファッションコンテストというよりパフォーマンスコンテストという感じでしたがw トンスラの使い方など、観客の皆さんにはかなり受けていたんじゃないでしょうか。

ちゅんてんチーム(2名)
ペアで出場。ここも決闘を活用していました。クマを倒すと実は…というネタで終わらずに、その先につなげたところが上手いと思いました。観客の中からも童話っぽいという感想が出てましたが、同感です。めでたしめでたしでは終わらない、童話の怖さが出てました。あとクマがダガー持ってたのはなんか怖かったw ファッションコンテストという点では、それぞれ着替えはありましたが、特段服に関する説明はなされていませんでした。

ベロンと○○な仲間たちチーム(5名)
本番前の顔見せの時点からさりげなくネタを仕込んできましたw 1人と見せかけて最後にはしっかり5人揃って、笑わせてくれました(といってもコンテスト的には実質一人だったけど)。誰もが考えそうな、しかし本当に実行はしないような飛び道具的一発ネタを、堂々とやってのけた事に拍手!w モード9をゲットというのは、タイムリーで上手いと思いました(註:実際には未実装です)。

練乳・カルコンビ(2名)
ペアでの出場。アピール全体はコテコテの漫才・コントでしたがw 実は服装紹介はきっちりやっていて、その部分は全出場者の中で最も「ファッションショー」らしいと感じました。仮面を交えて色調を統一するのは感心しました。また、個人的には、コントでの探索スキルの使い方がかなり秀逸でした。

超人軍団チーム(2名)
チーム名が全てをあらわしてますがw バッファローマン・ウォーズマン・ケンダマン・ミスターカーメンといった「キン肉マン」ネタでした。バッファローマンとウォーズマンは結構凝ってたね。あとミスターカーメンはそのまんまw ケンダマンはビンゴボンゴの仮面を上手く活用してました。回線落ちでタイムオーバーしてしまったのが悔やまれます。服の特徴をうまく使い、一番多く着替えているパフォーマンスでもありました。あと最後の落ちの部分で、エモの表現を綺麗に2行にしてるところが感心しました。

大日本異端芸者(5名)
バッファローマンが直前の超人軍団チームとカブってしまいましたが、これまたキン肉マンネタ…と思いきや、シュールなパフォーマンスが展開されていました。それぞれがばらばらな事をやってるのが逆に面白かったです。ファッションについては特段説明はありませんでした。司会のひつぢをパフォーマンスに巻き込んでいたのはこのチームだけでした。


総じて、どの出場者もまじめに楽しくパフォーマンスに取り組み、服装も考えてきているというのが印象的でした。一方でアピールに凝りすぎるあまり、服装自体の紹介がすこし少ないかなーという場面もありましたが、観客にとっては十分すぎるくらい楽しみ、笑い、感心したマルコレだったんじゃないかと思います。出場者の皆様、お疲れ様でした、ありがとう!

審査員も面白かった!これは(・∀・)タノシイ!かなり真剣に見たし、勉強にもなりました。またこういう機会があれば、やってみたいです。友人知人の出場も多く、先入観を持たずに採点するように気を付けました。みんな頑張ってたから、本当は全員に5点付けてあげたいくらいでした(´∀`*) 結構悩みましたが、自分なりにはしっかり説明できるように採点したつもりです。

* * *

マルコレでつかれたけど、この日の最後はゴザ文字で〆でした。最初はまじめに「マルセイユ」でしたが、夜遅いせいもあってか全体的にちょっとテンションがおかしくなってきてて、最後は暴走気味でしたw でも祭りだから、バカ騒ぎもいいよね。 いやー笑った笑ったw バカなおまえらが大好きだ!(゚∀゚)
[PR]
by yanapong | 2007-09-24 14:08 | 大航海
これは地図ではない
最初にタイトルとは関係なく宣伝:

--
9/23,24の両日、20:30~24:00まで、Z鯖マルセイユにてマルセイユ祭りが開催されます。23日にはマルセイユコレクション(ファッションコンテスト)、24日にはオークションが予定されています。また両日バザーやミニイベントなどもあるようです。都合の付く方は是非遊びに来て、大いに盛り上がってください。特にバザーは便乗出展アリだと思われるので、一儲けしましょう(´∀`*) おれも(別キャラで)バザー出展予定です。

あと、N鯖の大規模ユーザーイベントとしておなじみの「ウルトラクイズ」、これの第3回が開催決定した模様です。今回は北海が舞台。ということは、北海に入港許可さえあれば誰でも参加出来ます。これはデカい! 第2回は後半に南米の許可が必要だったため、優勝を狙っていたおれは頑張って勅命やりました。そういう手間が不要なので、N鯖以外の方も是非参加してみてはいかがでしょうか。
--

さて、サルベージャに転職したのはいいけれど、やっぱり断片地図集めが一番大変で、時間をとられます。それでも陸戦・洋上採集・釣りなどでぼちぼち集めては引き上げています。そして、先日ついに20隻目の引き上げとなる沈没船地図が完成しました。

d0051701_10382284.jpg


こ…これ、どこですか?

みんなも一緒に考えよう! 正解は続きで。

↓答えあわせ↓
[PR]
by yanapong | 2007-09-18 11:10 | 大航海
サルベージャ転職しました
d0051701_1113236.jpg


肝に銘じます( `・ω・´)ゝ
というわけで、無事サルベージャに転職できました!

d0051701_11141225.jpg


サルベージャ転職は、従来の職業と違って、前提を満たすためにかなり運というか乱数要素が左右すると思いました。
前提となる発見物沈没船を引き上げるために運頼みで断片地図を集め、完成した沈没船地図が前提かどうかもまた運頼み。その断片地図は待ってるだけではなかなか集まらないわけで、早くたくさん集めたいなら自分の乏しい運に頼るだけでは限界があります。おれの場合は、自分で陸戦・釣り・洋上採集などで集めましたが、それに加えてフレや商会メンバーなど多くの人々に断片地図や某アイテムを譲ってもらったことで(シャウトで買取はしなかったけどねw)、どうにかここまでこぎつけたと思います。
そういった部分で、サルベージャは従来職以上に、ある意味でMMOらしい?というかいろんな人の協力があって、ようやくなれる職業なのかなぁと思った次第です。もちろん、ソロで全部揃えちゃう人もいるんだろうけどね…。おれにはそこまでの引きの強さは無かったよ。

いちいち名前は出しませんが、多くの皆さんに、ありがとう。

地理も優遇なので(視認は入ってないけど…)、しばらくはこのままサルベージャでいようと思います。何気に開錠優遇職は初めて(´∀`*)  ところで、再転職はどうなるんだろう。

続きは、11隻目~17隻目までの完成地図です。

↓続き↓
[PR]
by yanapong | 2007-09-14 11:50 | 大航海
続・断片陸戦5%仮説
前回提唱した仮説、要約すると「陸戦での断片地図ドロップ確率は、誰でも・どこでも・どのNPCでも、一様に5%である」が、果たして妥当なのか、はなはだ大雑把ではありますが検証もどきをやってみています。

自分が陸戦強いわけでないので、数をこなすのに時間がかかり、なかなかデータが集められないのですが、弱いほうから少しあつめてみました。

場所:ヤッファ南東
NPCのLv:6~8
---
100戦の結果:2/100=2.0%
200戦の結果:2/200=1.0%
---
2枚目が出てから、実に170戦以上も出ないまま終了(´・ω・`)

場所:トルコ西岸
NPCのLv:17
---
100戦の結果:2/100=2.0%
200戦の結果:4/200=2.0%
---
一種類の敵(イェニチェリLv17)と延々陸戦してました。
なお200戦の間にドロップしたキンドジャール(中距離武器)は2本でした。(収奪スキルなし)

次は、Lv20代、Lv30代でそれぞれできれば200戦ずつしてみたいです。
Lv20代の代表には、ランジート一味Lv29@タンジャーウール地方(ポンディシェリ南:奥地) を選びました。運が良ければタンギ(中距離武器)を貰えるかもしれないというのが大きいですがw 1種類のNPCでやった方がいいかなーと何となく思ったので、そういう場所で選んでみました。
Lv30代の代表には、今の所は、タンジャーウール地方の近所の、サミール一味Lv32@コナーラク地方(カルカッタ南西:奥地) にしようかなと考えています。

サルベージ自体も少しずつやってます。累積で16隻、発見物は「ピンソンの探検船」を引き上げました。だんだん要求枚数も増えてきてます。自分でもそれなりに頑張って集めていますが、商会メンバーが譲ってくれる断片にとっても助けられています(´∀`*) 近くにいたら声かけるから、また一緒にいこう!
[PR]
by yanapong | 2007-09-12 14:03 | 大航海
陸戦断片5%仮説
サルベージにはまってる人々の一部では、断片地図を集めるのに陸戦がいいかも?ということで、ちかごろ陸戦人口が微妙に増えています。もともと陸戦に多少興味があった(投擲術出たてのころにR5まで上げて切った)おれとしても、再度陸戦を楽しむ良い機会になっています。

さて、陸戦での断片地図収集は、本当に他の手段(釣り、洋上採集、陸上採集、海事、その他諸々)よりも良いの?
そもそも、どれくらい断片地図を拾えるの?
といったあたりは、サルベージファンの皆様はちょっと気になる所じゃないでしょうか。

陸戦で断片地図を集めることでは変態茶室No.1の某氏が、統計を取ってみたところどうもドロップ率5%くらいじゃないかということを言ってました。茶室の皆は、そう言っている彼自身に関してはもっと確率が高いんじゃないかと感じていると思うのですがw それはともかく、5%という数字は、妙に信憑性があるなあと感じました。

また、所属商会の某氏は、収奪Rによる断片地図の収集枚数には差がないようだ、と話していました。もちろんレアドロップアイテムに関しては差があるけど、断片地図とは無関係ではないか、とのこと。

以上を踏まえ、自分の推測も入れて、下記の仮説を提唱します。

仮説:陸戦における断片地図のドロップ確率は、
    陸戦場所、NPCのLv、各種スキルの有無やRに限らず
    一様に5%程度である


つまり、たくさん断片地図を集めたければ、とにかくたくさん陸戦しろ、ということです。
陸戦回数に依存するので、時間あたり何枚と単純には言えませんが、例えば1回の陸戦が接敵の為の移動込みで1分かかるとすれば、1時間に60回陸戦できるので、断片地図は3枚くらい拾えそうだという推測はできます。

この仮説を検証するには、ちょっと思いつくだけでも
・さまざまなLvのNPCとの対戦
・スキルの有無やRによる比較
・陸戦場所や、奥地か否かによる比較
など様々な条件で、それぞれ1000回くらいずつ陸戦してみないと、確からしいことはとてもいえないでしょう。
でも、1000回の陸戦を何十セットも、何てことは流石に無理なので、かなり大雑把な範囲で、しばらくの間陸戦修行も兼ねて検証もどきをしていこうと思っています。ちなみにおれのスキル構成は、現状で収奪無し、剣術R6+1、投擲R4(+2)

とりあえず、昨日はメリダ南西で少し陸戦してきました。
敵はLv37,Lv38,Lv41の3種類。気になる結果は…

100戦終了時の結果:03/100=3.0%
162戦終了時の結果:10/162≒6.2%

162戦というのが半端ですが、寝る時間だったので…。
最初の100戦で断片地図3枚だったのが予想より少なく、ちょっとしょんぼりしてましたが、その後急に盛り返しました。多分このまま回数を重ねていくと、5%に収斂していくんじゃないかと乱暴に予想。

もっと弱い敵でどうなるかというのに興味があるので、次は地中海でやってみます。

サルベージファンや陸戦ファンの皆様の、ご意見ご感想をお待ちしております(´∀`*)

あ、新しい地理クエは全部終了したよ!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
地図があと1枚残ってるけど、近日中に終わらせる予定。
[PR]
by yanapong | 2007-09-10 12:58 | 大航海
10隻目
昨日書いた難敵ですが、本気でやっても5回に3~4回は素で引き上げきれずに時間切れ中断という感じでした。でも時々は引き上げできそうだったところを敢えて目をつぶって…というわけで、さほどマゾいとも感じずに楽しく修行し、サルベージスキルR4の残り300を切ったあたりで、商会チャットで騒いでたらうっかり引き上げちゃいましたw まあでも、あと300ならすぐでしょう。発見物沈没船を探しながらでも、そのうちR5にあがると思います。なので、今後はのんびり引き上げだ(゚∀゚)

引き上げ修行には思わぬ余禄がついてました。修理スキルが上がるw
大型船を一人で引き上げる場合、資材は多めにつみましょう。それと、引き上げを繰り返していると、船員がかなり減るので、港一つでは補充が追いつかなくなります。注意しましょう。

というわけで、10隻目を引き上げました。手元に断片が4枚あったので、早速分析…次も10枚かぁ。ここまでの10隻で使った断片が、合計64枚。

というわけで、昨日は結局東南アジアまでたどりつかず、「百獣の王」クリア後カリカットそばの島を視認し、カリカット到着が精一杯でした。カリカットまでの移動中は断片3枚拾えました。少し時間があったので、カリカット郊外で陸戦修行。Lv25とLv27のNPCなので、今の俺には剣術・投擲・武器の会得度共にちょうどいいスキル上げになります。断片2枚もらってホクホク。これで10枚地図も残り1枚。明日には完成するかな?

続きは、10隻目の地図。

↓続き↓
[PR]
by yanapong | 2007-09-05 08:21 | 大航海
東南アジア帰省…の前に寄り道
今月の商会納品生産会も無事終わり(今回はシーフードパスタでした…いつかはピラルクを!)、目下ハマっているサルベージは、前回の記事以降

7隻目:ビスケー湾武装船★5(8枚)
8隻目:SS撮り忘れのため詳細不明(ナイル川、10枚)
9隻目:北海貿易船★3(10枚)

と、順調?に引き上げています。アイテムは7隻目でのブラウン・ベス(銃)と、9隻目でのハンザ同盟印章19枚くらいかな。どちらも使わないので、商会員にあげちゃったw サルベージは、自分でも地図断片は集めてるけど、商会員に分けて貰ってるのが大変大きい。ホントにありがとう。もちろん、できるだけ同行してもらってます。

納品生産会が一段落し、そろそろ新しい地理クエをやりたい!という気分が高まってきたので、故郷の東南アジアへ帰省することにしました。

その前に、サルベージの断片地図収集を兼ねた陸戦修行、これにうってつけの陸戦職の転職証が欲しくなった。おれは投擲命なので、遊撃隊士転職クエをやることになる。といっても、陸戦素人のおれ一人では、そんなの無理すぎる。とりあえず自力(投擲術4+4)でクエ出しはできたので、商会から1名(地中海から出ない割に、結構陸戦慣れしてる)、いつもの変態茶室から1名(いつも腹ぺこの割に、結構陸戦慣れしてる)、あと傭兵を2名雇って、磐石の5人PTでチャレンジ。

d0051701_12574033.jpg


この傭兵チームがなんというか、外見の変態振り以上に実力も変態的で、結局のところ作戦も何も関係なく、傭兵'sが撲殺してくれました。おれ殆ど何もしてないおw ともあれ、参加者の皆さんホントにお世話になりました。こうして、見事(寄生により)遊撃隊士の転職証をゲット(゚∀゚) 新しい地理クエを終わらせたら、いつでも転職できるヽ(´ー`)ノ

こうなりゃ、あとは東南アジアに帰るだけ!せっかくだから、まだやってないクエを受けて行こうと思い、フルブーストでなんとか出した生物クエ「百獣の王」を受けて出発……っとその前に、変態茶室で「カリブdeサルベージ」のお誘いがあり、そちらのお手伝いにカリブへ寄り道。おれもカリブで引き上げしたいなぁ。3隻手伝ってお別れし、クエ進行のため移動。その移動中に断片を釣って、ちょうど今もってる10枚地図が完成したんだけど…これが難敵だったヽ(`Д´)ノ

某所の★5(視認は付いてないので、発見物ではない筈)なんだけど、なんかえらい引き上げにかかる。というか素で引き上げきれないんだけどw 手伝って貰えば、もちろん引き上げられる。ソロでも、うまくすれば引き上げできそうな気はする。しかし……これは、ひょっとして、ここでソロで頑張ってサルベージ修行しろということか!? いまいちスマートなやりかたじゃないけど、断片収集にとても時間が掛かる現状、サルベージスキルを上げるには多少こういった修行もアリかなあと思う。まあ好みの問題だけど。というわけで、体験も兼ねて、ここで粘ることにします。R2の残り50くらいからはじめたんだけど、R5まで行けば最高だね。尤も、その前に飽きるかも…(´∀`*)

しばらく粘っての感想:
・船員が減ると引き上げ効率(%上昇)も減るし失敗率も上昇する気がする
・最低必要人数を割り込むと、失敗率が激しく上がる気がする
・引き上げ成功一回(%表示あり)あたりの熟練は、★の数(+α)くらい?
・引き上げ成功時に熟練5、失敗時に熟練1(暫定、★の数で増減ありかどうか不明)
・引き上げ時間が長くなると、船員が疲れてくる(疲労度増加)
・それでも引き上げが終わらないと、時間切れでロープが切れる(中断扱い)
・嵐に遭遇すると、引き上げ中断

というわけで、東南アジア帰省は少し延びそうですw
[PR]
by yanapong | 2007-09-04 13:00 | 大航海