まさに東奔西走


その後ようやく地理8(+3)になったんだけど、ロンドンで3日合計6時間くらいブーメランしても転職クエストでなくて飽きちゃったんで、またもやアフリカ・インド方面に行ってしまいましたw

今回は、考古3~5の地図を1枚5000Dの安売り露店で3枚買ったので、その消化が目的1。なぜ安いのかというと、発掘地がマッサワ北北東とかホルムズ西なのに、露店場所がロンドンだからと思われます。目的2は、そろそろ愛用アフロウィッグの耐久がやばくなってきたので補充発掘のため。目的3は、やったつもりでやってなかったクエスト「インド洋の島」をやるため(発見物:コモロ諸島)。クエストはすぐ終わり、地図もさくっと消化。

アフリカ東岸やペルシャ湾まで行ったら、そりゃインドにも行きたくなるよね。ついでに、先日のパッチで「セイロンとカルカッタが補給港から街に発展した」なんて怪しい噂を聞いたんで、その確認も兼ねて、ついインドまで。……もちろんセイロンやカルカッタはガセネタでしたw でもこういうのは(・∀・)イイ!!

そうそう、カリカットでPKされたけど、なんかほのぼのな感じだったよ。

***>見逃してやるから
セルゲイ・ヤナポンスキー>やっぱりそうかー
***>有り金ぜんぶおいてけ!
***が漕船スキルを発動しました
セルゲイ・ヤナポンスキー>金もみのがしてくれよ
***>10万でどうかね?
***>うほっ逃げられたw
このまま進みますと、戦闘から撤退となります
セルゲイ・ヤナポンスキー>アディオス~
戦闘から撤退します
全船が戦場を離れました
セルゲイ・ヤナポンスキーは***にお辞儀した
***はうなだれた

トークに夢中で獲物に逃げられる、こんなPKさんは好きだなあ。それよりこの方の今後の海賊家業がやや心配ではありますw ともあれこれで8戦8逃走。

またしばらくカリカット付近にいつつも、土曜に商会で集まるとの事なので胡椒を60ちょい積み込み帰欧することに。帰りにインド洋アフリカ東岸でアフロウィッグを掘れば万事OK!……なんだけど、今回はなんだか全然アフロが出てこない。1時間強頑張って出てきたのは、豹の像4・鉄線入り捕虫網2、さびた何だったか刀剣類(忘れた)4、釣具1、アフロウィッグ1でした。出ないわけじゃないので、場所は変わってないけど、なかなか厳しいね。

あとは途中でクエストやりつつ、無事リスボンに到着。予約していたミトンを只で貰ってしまったので、お返しにアフロウィッグを。自分の分は、まだ残ってた名工の仕立道具で補強したので大丈夫。かつらの製法レシピもなんか(´・ω・`)ショボーンな内容(というか要求ランク高すぎ)らしいし、まだまだアフロには厳しい情勢が続くね。
[PR]
by yanapong | 2005-05-28 10:58 | 大航海
<< たかが竹ぼうき、されど竹ぼうき あと少し… >>