農薬で野菜まで枯らすが如く
KOEIによる「規約違反・不正行為への対処」に関して、あちこちで話題になっているみたいね。
今回の処分を肯定する人、批判する人、それぞれいると思う。もちろんどちらであっても、それは個人の自由であり、おれは何も文句を言わない(言えない)。おれ自身はというと、批判する側になる。フレが一人、処分の対象になったことが直接の原因だけど、それだけでない、なんともすっきりしないモヤモヤがある。

感情論になりがちな今回の問題を、少しでも感情論にならないように、何がおかしいのか論理的に自分が納得できるように、まとめておきたかった。それで、少ない時間をやりくりして書きなぐった。もちろん、きちんと論じきれてない部分、論理展開や表現がおかしい部分、印象批判に流れている部分、いろいろおかしな点があるだろう。事実誤認はしてないと思いたいが、それもあるかもしれない。そしてなにより読みづらい(これはおれの能力不足と言うほかない)。それでも読んでみたいという恐れ知らずの人は、覚悟の上で読んで、ここに書いてあることを無批判で信じたりせず、改めて考えてみてほしい。おれは、決しておれの意見に賛同して欲しいのではなく、おれの意見をきっかけとして「海外からのDOL接続」について、そしてそれを「不正」とする現行規約について、海外接続を無条件で遮断すればRMT対策としてアリなのかどうかについて、少しでも考えて欲しいんだ。ただそれだけ(゚∀゚) その上で、今回の処分を肯定的に捉えても否定的に捉えても、それはあなたの自由。当たり前のこと。

大航海時代Onlineにおける『アカウント利用資格取消し処分』問題に関する一考察」(PDF、370KB、日本語)
※PDFファイルそのものの転載は、固く禁じます。リンクする場合は、この記事に対して行っていただくよう希望します。文章の引用は、一般的な論文引用と同等の範囲や方法であれば、どうぞ行ってください。
※中文や英文で書ければ良いんだろうけど…ごめんなさい。

とりあえず、おれの中では、今回の問題がある程度まとまって見えた。それだけでも、おれにとっては意味があった。
[PR]
by yanapong | 2007-11-29 20:03 | 大航海
<< 何が問題なのか 大演奏(仮)譜面:The sa... >>