祝?ヘンな人認定!
昨晩行われたユーザーイベントに参加してきましたよ。
結果だけいうと、優勝しちゃったwwwwwwwごめんwww

イベントは、要約すると大喜利+爆笑オンエアバトルみたいな感じ。お題に対して面白い受け答えをして、投票によって順位がつけられる。

ここで面白かったのは、運営側の参加者への参加のさせかた。細かくなるけど書いておく。

1. まず予選1を行う
1.1. 予選1では主催が適当にその場の参加者から審査員を4名指名する(突然くるw)
1.2. 予選1ではお題に対して全員が面白いことを言う
1.3. 参加者審査員が、それぞれ面白いと思った人を指名する(「笑う」エモ)
1.4. 指名された人が予選2に進む

2. つぎに予選2を行う
2.1. 予選2では、指名された4人(3人の場合もあった)が回答者となる
2.2. お題に対して回答者が面白いことを言う
2.3. 回答者以外の参加者は、一番面白いと思った人に投票する(投票箱のアイテムを1D
で購入する)
2.4. 集計後予選通過者1人が発表される
2.5. 1.に戻る

こんな風に、予選1と予選2を交互に行った。
これは「全員をなるべく多くの機会参加させる、少なくとも参加した気になる」という点で上手いやり方だなぁと思った。特に予選1の審査員を参加者から出すところがポイント。開場で目立ってる人や主催側の知り合いに偏る可能性がある、というデメリットを差し引いても、参加者に「自分達で審査して予選を行ってる」という気持ちを与えるメリットは大きい。

リスボン酒場という場所が妥当だったのか、お題自体はどうか、などの議論すべき点もあると思うが、全体としてはスタッフも頑張ってて企画も練られてきてて、面白かったと思うです(´∀`)b  あ、予選は1回少なくても良かったかも…。決勝までの時間がちょっと長かったかな。

やっぱあれだね、個人的にはユーザーイベントって「コンパクトにまとめること」が大切なように、最近特に思える。3時間は長い。全員を3時間盛り上がらせるのは難しい。「時間の壁」を意識することが必要ジャマイカ。

ともあれ、みぃ☆ちゃんをはじめ、スタッフのみんな、参加者のみんな、お疲れ様でした。

まあ、そんなわけで、とりあえずあの場にいた人の中では「最もヘンな人」認定されてしまったのでしたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
俺以外の回答もオモシロイの一杯あったのにねー。投票制のマジックですなw





一番最後に一言というか二言喋ったんだけど、あれはモンティパイソンを微妙にパクったインスパイアしたものでした。あまりにも微妙すぎて誰も分からんと思うがwww

そして、地理クエは別に一度全部やってたっていいのさ。他の学問分野と違って、ちょっと頑張れば誰でもコンプリートできるし。だから、2周目も3周目もやるんだ! あとエモコマンドは遊べる可能性がまだまだあるんで、みんなもっといろいろ馬鹿やろうぜ!
[PR]
by yanapong | 2006-04-22 10:42 | 大航海
<< 怒りと喜びと憧れと決意 探ジベがキタ━(゚∀゚)━! >>